緑区の家

2013年 : 名古屋市緑区

CONCEPT

この住宅は、計画をまとめるスピードの早さを誇る当所にしては、珍しくプランの提示に3ヶ月かかりました。
敷地は鋭角な角度のある三角形の土地で、道路はその鋭角な辺に接し、それが順番に下りながら、4Mの落差をもって取り囲んでいるのです。
4Mの高さの擁壁を作って盛土し、その上に2階建てを建てれば簡単ですが、異様な高さになり、廻りの環境に著しい弊害をもたらすことが歴然でした。
そこで、擁壁を作って土を盛るのではなく、土を切り取ってしまい、建物を下げて地下一階、地上一階建ての建物を提案しました。
すぐれた頭脳をお持ちのクライアントで、一瞬で理解され、一発で決定しました。

DATA

建設場所
名古屋市緑区
構造規模
RC造+木造(混構造) 地下1階 地上1階 
敷地面積
266.93㎡
延床面積
204.63㎡
施工会社
相宮工務店