三角プランの家

~斜め線で室内と室外に分かれる家~

2011年 : 大垣市

CONCEPT

この住宅の依頼者は私共の設計した家を見られて気に入り、土地探しからのスタートでした。総予算が2,000万円を切っていましたから、ローコスト住宅のスタンスでの設計です。

平面図を見ると、ほぼ直四角な平面にみえますが、ちょうど半分に切るような斜めのラインを境に室内と室外に分かれています。
半分はリビングを中心とした内部空間、半分は塀で囲まれたデッキの外部空間です。
これは、交通量の多い西側道路を閉鎖し、狭い南側道路を挟んだ向かいの住宅の窓の視線を嫌って、開放できる南東に開口部を向けた結果です。

DATA

建設場所
大垣市
構造規模
木造2階建て
施工会社
川瀬建設
写 真
加斗タカオ