蘇原の家

~段状の路地とパティオを持つ家~

2000年 : 各務原市蘇原

CONCEPT

この建物は、北側と南側道路に接した2Mの落差のある、南斜面の敷地に建っています。
日照を考慮し、南屋は平屋、北屋は2階建てとしました。
中間にパティオを設け、リビングとプライベートな部屋とを、距離を持ちながら結びつけています。
敷地の落差を利用し、リビングの天井は高くしています。
東側の通路は、北道路から南道路を貫通させ、その段状になった路地空間は、道路からパティオに入る変化のあるアプローチとなりました。

DATA

建設場所
各務原市蘇原
構造規模
RC造2階建て
延床面積
288.50㎡
施工会社
雛屋建設社
写 真
加斗タカオ